管理神社紹介

裏桜丁新山速玉雄神社

基本データ

鎮座地 宮城県遠田郡涌谷町字裏桜丁21
祭 神 速玉男命 伊邪那美神 事勝雄命
例 祭 4月1日・10月1日

由 緒

本社は旧亘理郡小堤村(現亘理町)に鎮座しましたが、正親町天皇、天正19年、邑主亘理元宗(伊達安芸)がこの地に移封されるに当り、社司佐藤茂太夫忠則神魂を奉持して、高燥なる今の社地に社殿を造営して祀りました。
現在の社殿は安政6年忠則9世の孫、佐藤道穂が再建しました。
明治5年5月村社となりました。
元宗が亘理城より涌谷館に移った際、亘理よりこの地に移した社は封内記に愛宕、天神、明現(妙見)社(所祭倉稲魂神)、八幡の4社のみを記しています。
新山は筑波の神(男女二神即諾冉二神)で、三神を祀るのは珍しいことです。
おそらく速玉、事解男の二神は諾神が黄泉の国から戻る時になった神でその事蹟は明らかではありません。
また、新山の御祭神を木花開耶姫、大山祗、手力男、諾神、倉稲魂、或は安倍氏の祖越王、熊野の本末と説くものがありますが定かではありません。

.
社 殿 本殿 流造3坪
拝殿 4坪
神 職 宮司 一條明美、禰宜 一條裕太郎