黄金郷涌谷町

涌谷町のご案内 涌谷町へのアクセス 周辺観光案内

見龍廟と涌谷神社

見龍廟と涌谷神社


見龍廟と涌谷神社 涌谷伊達家四代安芸宗重は、幼君伊達綱村の後見役である伊達兵部らの違法でわがままな勝手なふるまいを正すべく、悪政を幕府に訴えて明らかにしました。これが世に言う「寛文事件」で、宗重は間もなく、これを恨む原田甲斐の凶刀によって江戸で倒れました。老中たちは、伊達安芸は武といい、忠といい、無双の侍だったと深く惜しんだといいます。

 見龍廟は、天正19年(1591)、亘理重宗が京都の妙心寺の梁岩和尚を招き、円同寺として開山しましたが、寛文11年(1671)、寛文事件での伊達安芸宗重の死去により見龍寺と改称し、宗重の功績をたたえ境内を整備、寛文13年に霊屋(墓)が築かれました。
 墓所は二間四方、向拝つきの総ケヤキ素木造りで、宝形造り銅板茸きの屋根とともに、当時を代表する建築様式を誇り、県の重要文化財に指定されています。平石が敷きつめられた堂内には、壇上に仏がんを安置し、衣冠束帯姿の宗重座像がおさめられています。堂の周囲には、涌谷伊達家五、六代の霊廟と、歴代の墓石が並び、歴史の重さを伝えています。